中国体彩竞彩足球游戏

中国体彩竞彩足球游戏

Twitter FaceBook instagram YouTube
CONTACT EN

社会イノベーション研究科

社会イノベーション研究科とは

社会イノベーション研究科の設置目的と教育理念

 2004(平成16)年11月に文部科学大臣の認可を受け、2005(平成17)年4月に開設した本学社会イノベーション学部は、斬新な教育研究の視点が高く評価されるとともに、多数の志願者に恵まれ、今日まで順調に発展してきています。この学部の教育理念?カリキュラム?教員組織を基礎として「社会イノベーション学」という新たな学問分野を構築?確立し、かつこの新たな学問領域の研究ならびに実践を推し進める研究者を養成することを目的として、2009(平成21)年4月に本研究科は設置されました。

 イノベーションを理系の技術中心の教育研究に留めることなく、社会科学の視点から整理し、高度な教育研究の対象とする必要性は、今日、イノベーションを活発化させ、普及させる過程において不可欠であることは論を待ちません。このようなイノベーションに関して本研究科では多角的?融合的に教育研究しますが、具体的には、イノベーションをキー?コンセプトとして、問題志向?問題解決型の学際的研究を社会科学領域で実施します。

 社会イノベーション研究科ではイノベーションを技術革新、経営革新などと捉え、イノベーションの創造?生成に着目する経済(政策)、経営(戦略)の領域での研究を中心に据えつつも、イノベーションを社会革新?生活革新を生起する起爆剤として認識し、その普及?影響という局面を心理、社会の分野からも研究します。つまり、イノベーションについて経済学、経営学の領域をコア領域とし、心理学、社会学の領域をコア領域を包み込む周辺領域と位置付けて、融合的かつ横断的?学際的に解明します。

 イノベーションの国家的課題およびその理論的側面は経済学領域で、イノベーションの企業レベルでの課題は経営学領域で考察し、さらに、イノベーションが個人?生活者に与える影響という発展領域を心理学領域で考察し、イノベーションがもたらす社会への変化という発展領域を社会学領域で考察するというわけです。

 経済(政策)、経営(戦略)