認定留学|学生インタビュー

キーワード

  • 学生インタビュー
  • 認定留学
  • カナダ

1年間のカナダ留学を経験。
異文化への適応力が身についた

社会イノベーション学部 心理社会学科 3年
カナダ/アルバータ大学へ留学

初対面でも分け隔てなく接してくれる
現地の人々に助けられた

幼少期に海外に住んでいた経験もあり、高校生の頃から「大学生になったら海外留学に挑戦したい」と考えていました。カナダへの留学を決めたのは、自然あふれる環境で留学生活を送ってみたかったから。「英語の発音がきれいで聞き取りやすい」と聞いたのも、決め手のひとつになりました。
また、実際に行ってみてからは、カナダの人たちがとても親切なことに驚きました。初対面の人にも分け隔てなく接してくれるので、初めての留学でもすぐに環境になじむことができました。

現地の学生とのコミュニケーションを通じて
自分の意見を発信できるように

カナダでは4か月間、アルバータ大学附属の語学学校に通い、その後8か月は現地の学生に混じって授業を受けました。留学前に日本でしっかり準備していたこともあってリスニングはすぐに慣れたのですが、苦労したのがスピーキング。
英語で自分の意見を発することは想像以上に難しく、授業のディスカッションでも最初のうちは他の学生の話を聞くだけでした。しかし学内外で友達とコミュニケーションを取っているうちに現地の学生の会話のスピードにも慣れ、自然と自分の意見も言えるようになりました。

予習?復習を欠かさず行い、
専門知識が身についた

留学先では心理学や社会学など、主に社会科学系の授業を履修していました。心理学の授業は英語で専門用語を覚えるのが大変でしたが、予習?復習を欠かさず行い、だんだん専門的な内容も理解できるように。
特に印象に残っているのは、犯罪心理学の授業です。逸脱行為やカルト教団など、カナダ社会が抱える問題をテーマに学生同士でのディスカッションやプレゼンテーションを行い、現地の社会や文化を肌で感じることができました。

カナダの自由な雰囲気に触れた留学生活。
将来は海外駐在にも挑戦したい!

留学を通じて一番成長できたのは、異文化への適応力。言葉の壁にぶつかることもありましたが、人種や国籍を超えてさまざまな人とコミュニケーションを取ることができました。また、カナダは大学の雰囲気はもちろん、社会情勢や労働環境も日本とは大きく異なります。
学生でも長期休暇を取ってインターンシップに取り組んだり海外旅行に出掛けたりと、自分のやりたいことに自由に挑戦できる雰囲気がありました。卒業後はこの経験を活かして、海外での仕事にも挑戦してみたいです。